格安SIMの便利な利用について

わたしは大手通信キャリアのスマートフォンとWiFiモデルのタブレット端末の2つを所有しています。

自宅ではこのWiFiモデルのタブレット端末もスマートフォンも固定インターネットのWiFi利用で問題ないのですが屋外に行くとそういうわけにもいきません。タブレット端末もスマートフォンのテザリング利用にしていますがデータ容量がすぐに上限を迎え、苦労することになります。

そこで考えたのが、格安スマホ会社のデータSIM利用です。イニシャルコストとして端末代が必要なく、事務手数料だけでOKなのです。さらに通話の基本料も必要悪、とにかく毎月利用するデータ通信容量だけ支払うわけです。それをスマートフォンに挿入してテザリング利用すればいいわけです。

そもそも、大手通信キャリアの追加データ通信は非常に高いことがネックでした。それが今は格安スマホ会社のデータSIMであれば、かなりの格安になっています。さらに翌月以降のプライベートや出張のスケジュールを確認して、あまり利用する予定がなければ、少ない容量のプランにフレキシブルにへの宇できるというところが翁魅力になるわけです。

スマートフォンにデータSIMをさしかえるところが多少面倒ではありますが、データ通信の品質も安定していますし、満足度も非常に高くなっています。あとはとにかく、小さなものなので持ち歩くにあたって、または差し替える際に紛失しないようにしないといけないところが一番の課題かも知れません。

コメントを残す