auでも格安SIMは使えるよって話

ドコモよりユーザー数は少ないですが、auユーザーは数千万人います。しかし、ドコモの格安SIMはauのスマホに入れても周波数帯の問題で使うことができません。

ドコモに参入している格安SIMサービスは200を超えますが、auに参入している格安SIMサービスはなんと2社のみです。数で見ると圧倒的に少ないんですが、サービスを運営している会社は超大手なので、途中でサービスが無くなったりすると言った心配はありません。

まず一番最初のauSIMのサービスであるmineoは関西電力がバックにあるeoが運営しています。関西在住で自宅がeo光の人は組み合わせることでセット割が適用されてさらにお得になります。そして、何と言っても契約期間の縛りがないので、他に良いサービスが出た時に簡単に乗り換えることができます。

2社目のUQモバイルは名前でピンときた人がいるかもしれませんね。そう、WiMAXの大元であるUQコミュニケーションズが運営しています。mineoと一番の差別化ポイントは低速無制限プランの存在です。動画を観ることはできませんが、通信量を気にせずにネットが使えるのは大きな魅力です。

他にもオプションなどの面で違いがあったりしますが、もっと詳細が気になる方はこちらのサイトをご確認ください。

楽天モバイルデータSIM ベーシックプランとスマホを申し込んでみました

通話量が少ない、または携帯料金を抑えたい方には楽天モバイルをお勧めします。

今では、通話はLINEやSKYPEなどのデータ通信で可能ですので、携帯会社のプランによってはかなり抑える事が可能です。
最安値プランでは通話なし・データプラン( SMS無し)でも月額500円で利用できます。

家では光回線などが有ればWIFIなどで接続すれば十分な速度環境を得られると思います。

もともと携帯会社じゃないから楽天だと心配と思われるかたでも、楽天モバイルの回線はDocomoを利用しているので安定しています。私の経験でも人混みの多いところでも十分利用できました。
SIMだけの購入もできるので、今使っているスマホやiPhoneなどに挿すことで利用できますし、NMPも対応しているので電話番号変えずに変更も可能です。
お店に行かずにWEBサイトだけで申し込みも可能ですのでかなり楽に手続きができます。

契約プランも3種類用意されているので、自分の使い方にあったプランで申し込めるのがメリットです。
ヘビーユーザで通話あり・10Gプラン3000円とかなり他社と比べても安くなっています。
最安値500円~3000円までと多岐にわたってプラン設定されているので、まずは自分の使い方を確認して申し込みすることをお勧めします。

データ通信量も翌月に繰越できるので、無駄がありません。

そのほかにも楽天を良く利用するかたや楽天会員などの方は、楽天ポイントが100円につき1ポイント付与されるので、携帯電話を安く持つ以外にもメリットがあります。
ガラケーからスマホへの変更を考えている方も

Android機種も豊富に揃っていて価格も1万円~なので他より安く買えるのも他には無いメリットです。